トップページへ 初めての方へ お支払い・送料 会社概要 お問い合わせ 相互リンク 買い物かご

 

【香典返しカタログギフト専門店】 > 四十九日法要香典返し

四十九日法要・香典返し(忌明け返し)マナー

◆四十九日とは

故人が亡くなった日から数えて四十九日の間を中陰(ちゅういん)といいます。 これは現世と来世の中間という意味で、死から新しい生へと生まれ変わるのに必要な期間で、四十九日を過ぎると死者の霊がその家から離れるとされており、四十九日目を満中陰といいます。 また、四十九日を七七日(なななぬか・しちしちにち)とも呼びます。

 

 


◆四十九日法要

四十九日法要は忌明けの法要で、一周忌までの法要の中でも重要な法要です。死者の成仏を願って、遺族が近親者・友人・知人を招いて行います。納骨を合わせて行うことも多いようです。

 

 


◆法要の日程を決める

四十九日は、遺族、近親者、知人が集まり、忌明けの法要を行います。
日取りは皆が出席しやすい、直前の土・日曜日に行うことが多いようです。

 

 


◆お寺への連絡
葬儀のお礼も兼ねて、葬儀後出来るだけ早く菩提寺へ連絡し都合を伺います。
菩提寺が無い場合は、ご葬儀のときにお世話になったお寺に頼むことも可能です。
また、四十九日法要までに黒塗りや唐木などの本位牌を用意します。葬儀で使用された仮位牌は、法要後にお寺などにお納めます。

 

 


◆四十九日法要のおもてなしとお礼・香典返し(忌明け返し)

●四十九日法要 僧侶へのもてなしとお礼

内輪だけの法要、大勢の人を招く法要とでは、謝礼の金額が変わってきます。 大勢の人を招く場合は二万円以上の謝礼金を包み、表書きは御布施とします。他に御車料、接待をしない場合は、御前料も用意します。

●四十九日法要 神職へのもてなしとお礼

神職への謝礼の金額は神社の格式や祭事の規模によってことなりますので、直接神社にたずねるほうが良いでしょう。 謝礼の表書きは御礼とし、自宅に招いたときには御車代を包みます。普通、神職に食事をもてなすことは少ないようです。 また霊祭の前後には必ず控え室に案内しますので控え室を用意してください。

●四十九日法要 神父、牧師への謝礼

御花料として教会への献金と言う形にしたり、カトリックではミサ御礼、プロテスタントでは記念献金とします。 別に神父や牧師への御礼、御車代として志を包みます。

 


>>> 香典返し(忌明け返し)マナーはこちら



お買い物について

香典返しカタログギフトギフト販売